facebooklineinstagram

お知らせNews

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 平屋をご検討中の方へ!採光に注意しましょう!
平屋をご検討中の方へ!採光に注意しましょう!
2022.05.10 

日光が差し込む部屋で、ゆっくりと生活したいという方も多いでしょう。
平屋をご検討される上でぜひ知っていただきたいことが採光です。
そこで、平屋にぜひともおすすめしたい窓の種類と、玄関や部屋のドアの工夫について解説します。
この記事を参考に、工夫を取り入れ、日当たりがよく明るい家づくりを実現させてくださいね。

□平屋にオススメの窓をご紹介!

「住まいを長持ちさせて子どもに残せるようにしたい」
このように思っている方は多いでしょう。

当社では、トリプル樹脂サッシの窓をおすすめしています。
みなさんは住まいから最も熱が逃げる場所がどこか、ご存じでしょうか。
それは窓です。

一般的な住まいでは、夏では侵入する熱の73パーセントが、冬では暖気の58パーセントが窓から出入りすることがわかっています。
そのため、夏は涼しく、冬は暖かい暮らしを実現するには、窓の断熱性能を向上させる必要があるのです。

このトリプル樹脂サッシは、熱を通しにくい素材である樹脂を使ったサッシが使用され、さらに窓ガラスが三重に重ねられています。
これによって断熱効果を高めているのです。

また、南側には大開口窓の採用をおすすめしています。
南側に大きな窓を設置すると、冬でも暖かい日差しが差し込むようになります。
「晴れた日には暖房いらずで、暖房費も想定以上に節約できる」
このように感じられる方は非常に多いです。

□玄関や部屋のドアの工夫は?

ここでは、玄関のドアと部屋のドアに着目します。

*玄関のドア

玄関のドアは、閉めていても日光が入り込むように、すりガラス窓のついたタイプがおすすめです。
夜になれば電気の光が外に漏れるので、防犯対策にもなります。

*部屋のドア

部屋や廊下のドアには、窓がついたタイプがおすすめです。
部屋に入り込んだ日光が、ドアの窓を通して廊下まで届くようになるでしょう。
廊下まで明るくできるでしょう。

以上が、玄関と部屋のドアの工夫でした。
ただし、採光の方法は敷地や間取りによって異なります。
そのため、事前に周辺環境をしっかりと確認しておくことをおすすめします。

□まとめ

平屋におすすめしたい窓の種類と、玄関や部屋のドアの工夫について解説しました。
平屋をご検討中の方は、この記事でご紹介したことを参考にして、日光が届き明るい家づくりをしてみてはいかがでしょうか。
何かご質問や疑問点等がございましたらお気軽に当社までご連絡ください。
全力でサポートさせていただきます。

カテゴリ

月別アーカイブ

ミニマルスタイルの住宅実例集を取り寄せる