facebooklineinstagram

完成実例Works

  1. ホーム
  2. 完成実例
  3. 音更町・Yさん宅
  • 音更町・Yさん宅

    畑のほとりに建つカラマツ板張りの平屋。薪ストーブの煙突と大開口が、直線的なフォルムのアクセントになっている

  • 音更町・Yさん宅

    土間空間を挟んで2方向に玄関が設けられている。白いドアを採用した玄関は、畑と住まいの行き来専用の裏玄関

  • 音更町・Yさん宅

    土間空間を挟んで2方向に玄関が設けられている。白いドアを採用した玄関は、畑と住まいの行き来専用の裏玄関

  • 音更町・Yさん宅

    ゆったりとした玄関収納には、アウトドアの道具類がずらり

  • 音更町・Yさん宅

    カラマツ材の梁と床の質感が際立つ開放的なLDK。右手には子ども部屋、寝室、水まわりがレイアウトされている。造作テレビ台の下には、主暖房となるエアコンを設置。冷暖房の風は、基礎断熱が施された床下を通って、床に設けたガラリを経由し、室内へ。換気には熱交換型の第1種換気を採用

  • 音更町・Yさん宅

    料理好きな奥さんがこだわったキッチンは、オープン収納に加え、食品庫も完備され「使い勝手は抜群」だそう

  • 音更町・Yさん宅

    陽射しがたっぷり入るキッチンは、明るく心地よい。側面には、勝手口を兼ねる掃き出し窓を採用

  • 音更町・Yさん宅

    キッチンに立つと家中が見渡せ、子どもの様子にも目が届く。「ワンフロアの生活は空間に無駄がなく、掃除もしやすくて快適です」と奥さん

  • 音更町・Yさん宅

    自転車やアウトドアグッズ、薪ストーブが並ぶゆったりとした玄関土間は、Yさんの趣味室さながら。ストーブ背面の防火壁には、札幌軟石を採用。蓄熱性のある軟石、コンクリートタイルが土間空間を暖める

  • 音更町・Yさん宅

    玄関土間に設置された薪ストーブは、炎のある暮らしを楽しむための補助暖房。「ストーブに薪をくべ、炎を眺めているだけで気持ちがゆったりします」とYさん

  • 音更町・Yさん宅

    畑の様子が一望できるダイニング。南側の大開口には、冬の陽射しを最大限に採り込める日射透過率の高いサッシを採用

  • 音更町・Yさん宅

    寝室はウォークインクローゼット、ユーティリティに直結する裏動線が設けられている

  • 音更町・Yさん宅

    ウォークインクローゼットから動線がつながるユーティリティ。洗濯と物干し、収納までが効率よくできる。洗面台は造作仕様

アウトドアの楽しさを日常でも。
薪ストーブのあるミニマムハウス

在来工法ならではのダイナミックな構造現しで、カラマツの木肌の美しさが際立つミニマムな平屋空間を実現したYさんご夫妻。2020年12月に完成したばかりの新居で目を引くのが、ゆったりとした玄関土間に設置されたモルソーの薪ストーブです。「新築を思い立っていろいろ調べていたら、1年ほど前にリプランで紹介されていた薪ストーブのあるシンプルな平屋住宅が目に留まりました。その平屋はまさに僕たちが建てたいと考えていた住まいの理想形でした。すぐに、施工した水野建設に新築を依頼しました」。

そう語るYさんは、畑作農家の3代目。釣りやバイク、キャンプに始まり、マウンテンバイクやスノーボードなど歳を重ねるほどにアウトドアでの楽しみが増えていったといいます。「27歳で家業を継いだのですが、アウトドアが気持ちいい季節は見事に農繁期で遊びには行けません」と、苦笑するYさん。そのジレンマを解決する方法として、大好きな焚き火が日常で楽しめる薪ストーブのある暮らしを実現したいと考えていたといいます。

水野建設は、これまでも薪ストーブを採用した住まいを数多く手がけてきました。その豊富な経験も、Yさんにとっては魅力でした。「手に入るモノは地元経済に貢献するため、できる限り地域で買いたい」というのがYさんのポリシー。そうした意味でも水野建設は、地域の工務店であり最高のパートナーでした。

新居に設置する薪ストーブは、水野建設の紹介で足寄町にあるマルショウ技研から取り入れました。「モルソーか、ドブレか、大いに迷って、シンプルなフォルムが気に入ったモルソーを選びました。薪も一緒に購入しました」と、Yさんは振り返って語ります。

延床26坪の新居には、アウトドア用品の収納を兼ねた磁気タイル張りの土間玄関が設けられ、Yさん念願の薪ストーブが設置されました。「無駄のない空間に、薪ストーブやアウトドアグッズ、自転車など自分の好きなモノがぎゅっと詰まった新居は、思い描いた以上に満足感のある仕上がりです」と、Yさんは嬉しそうに語ります。3月までの農閑期には、薪ストーブのある暮らしをさらに充実させたいと考えているそう。「薪棚もまだありませんし、ストーブの活用法もいろいろ研究しなくてはいけません。畑仕事が休みになっても、この冬は忙しくなりそうです」。

DATA
音更町・Yさん宅  家族構成/夫婦40代・子ども1人

■建築データ

□構造規模 木造(軸組工法)・平屋建て
□延床面積 86.12㎡(約26坪)
□主な外部仕上げ 屋根/ガルバリウム鋼板、外壁/カラマツ縦張ウッドトリートメント塗、建具/玄関ドア:木製断熱ドア、窓:樹脂サッシ(Low-E・トリプルガラス)
□主な内部仕上げ 床/カラマツ+アカマツフローリング、壁/紙クロス、天井/ビニールクロス
□断熱仕様 〈充填断熱+付加断熱〉基礎/ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板特号100㎜(外側)+100㎜(内側)、土間下/ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板特号30㎜、壁/高性能グラスウール16kg100㎜+高性能グラスウール16kg105㎜、屋根/ネオマフォーム100㎜+高性能グラスウール16kg250㎜
□暖房方式 エアコン・薪ストーブ
□換気方式 第1種熱交換換気システム

■工事期間 令和2年7月~12月(約5.5ヵ月)

ミニマルスタイルの住宅実例集を取り寄せる