facebooklineinstagram

完成実例Works

  1. ホーム
  2. 完成実例
  3. 帯広市・Yさん宅
  • 帯広市・Yさん宅

    カラマツ板張りの外壁と三角屋根が温かく、ナチュラルな雰囲気を漂わせる外観

  • 帯広市・Yさん宅

    玄関ポーチのタイル張りの柱は、既存のものを再利用。タイルとカラマツのコントラストが外観のアクセントになった

  • 帯広市・Yさん宅

    大きな採光窓を用いた明るい玄関ホールは、そのままリビングにつながる。突き当たりは子どものプレイルームとして重宝している予備室

  • 帯広市・Yさん宅

    大開口からたっぷりと陽射しが入るリビングは、天気のいい日は暖房いらずの暖かさ

  • 帯広市・Yさん宅

    外光が美しい陰影を描く壁には、木製チップ入りのオーガニッククロスを採用

  • 帯広市・Yさん宅

    リビング・ダイニングを見渡す対面式キッチン。リビング側には造作カウンター付きの腰壁を設けた。白い引き戸を開けると、ランドリーを兼ねた脱衣室がある

  • 帯広市・Yさん宅

    奥さんの希望で脱衣室から分離した洗面室には、造作仕様の洗面台を設置

  • 帯広市・Yさん宅

    キッチンから動線がつながる階段下スペースには薪保管庫が設けられている。薪を外から保管庫へ直接運び込める鍵付きの開口も備える

  • 帯広市・Yさん宅

    高さを抑えた天井にカラマツの無垢材を張ったダイニングは落ち着いた雰囲気。採光窓の下には、多目的に使える造作カウンターが設けられている

  • 帯広市・Yさん宅

    水野建設に依頼して選んでもらった薪ストーブはモルソー製。防火壁として、札幌軟石を背面に積んだ。ストーブまわりからキッチン、水まわりまで、床はタイルで仕上げた

  • 帯広市・Yさん宅

    薪ストーブ横の階段はカラマツ材を用い、大工の丁寧な仕事が施された階段が設けられている。階段を上ると、家族共用のスタディコーナーが造作で設けられている

  • 帯広市・Yさん宅

    階段吹き抜けを貫く薪ストーブの煙突が、2階へも薪火の暖かさを伝える。採光窓から入る外光が、階段を明るく照らす

  • 帯広市・Yさん宅

    造作収納が充実したウォークインクローゼットを設けた2階の寝室

  • 帯広市・Yさん宅
  • 帯広市・Yさん宅
  • 帯広市・Yさん宅

築34年の実家の基礎と構造を生かした
木の温もりあふれる住まい

帯広の市街地に隣接する古くからの住宅街で、Yさんのご両親がマイホームを構えたのは1986年のこと。歳月が流れYさんは独立し、実家の近所で借家生活を送っていました。「4年ほど前、空き家になった実家を活用したいとリノベーションを検討し始めました。既存の建物を活かした家づくりはエコにつながりますし、費用面でも有利だと考えました」。

そう語るYさんは、リノベーションにあたって、既存の構造や基礎を生かしながら、できる限り木を生かした住まいに一新したいと考えていました。「特に、外壁は羽目板仕上げにしたいと思っていました。地元の工務店なら実現できるのではと調べたら、カラマツ材で地産地消の家づくりをしている水野建設を見つけました」。

リノベーションを思い立ってから2年後、第2子を授かったご夫妻は、2019年に家づくりを本格的に開始し、以前から気になっていた水野建設に問い合わせをしました。「子どもが小さかったので旧居に来てもらったのですが、とても親切にいろいろな相談にのってくれて好感が持てました」。そして翌年2月、水野建設にリノベーションを依頼しました。

築34年の建物は過去に一度リフォームを行っていたこともあり、間取り変更に伴う軸組みの変更・修正が必要でしたが、現地調査で躯体に問題はなく良好な物件であることを確認できました。プランづくりの際には、ご夫妻はLDKや水まわり、スタディルームなどの家族の共用スペースをゆったりしたつくりにしたいと要望。暖房には、エアコンに加え、ランニングコストの圧縮や災害時に役立つ薪ストーブの設置も希望しました。水野建設は従来の高断熱・高気密の住宅性能に加え、冬の日射をより多く取り込める南面の大開口と高性能サッシの採用を提案しました。

2020年10月末、Yさん一家の新生活が生まれ変わった住まいで始まりました。新居には外壁に加え、内装にも床や天井、階段などにカラマツ材がふんだんに使われ、ご夫妻の願いどおり、木の温もりあふれる空間を実現。「床も無垢材を使っているので足触りが優しく、暖かいです。薪ストーブの火を家族で囲むひとときも格別。ものすごく落ち着くんですよ」と、Yさんは笑顔で語ります。

家族の共有スペースを集約した1階には、ゆったりとしたLDKのほか、予備室を兼ねた洋室、洗面と脱衣室を分離した水まわりをレイアウト。「新築だったら、ここまでゆとりある空間づくりはできなかったと思います。リノベーションを選択し、じっくりと時間をかけてプランを検討できたので、納得できる家づくりができました」と、奥さんも満足そうに話してくれました。

DATA
帯広市・Yさん宅  家族構成/夫婦40代・子ども2人

■建築データ

□構造規模 木造(軸組工法)・2階建て
□延床面積 128.22㎡(約38坪)
□主な外部仕上げ 屋根/ガルバリウム鋼板、外壁/カラマツ縦張ウッドトリートメント塗、建具/玄関ドア:アルミ断熱ドア、窓:YKK AP 樹脂サッシ APW430(Low-E・トリプルガラス)
□主な内部仕上げ 床/カラマツフローリング+タイル、壁/紙クロス、天井/カラマツ羽目板張り+クロス
□断熱仕様 既存土間断熱の上に床暖熱/グラスウール100〜200mm、壁/吹込ロックウール65kg105㎜+高性能グラスウール16kg100㎜、屋根/ネオマフォーム100㎜+高性能グラスウール16kg250㎜
□暖房方式 エアコン・薪ストーブ
□換気方式 第1種熱交換換気システム

■工事期間 令和2年6月~10月(約5ヵ月)

ミニマルスタイルの住宅実例集を取り寄せる