facebooklineinstagram

完成実例Works

  1. ホーム
  2. 完成実例
  3. 芽室町・Kさん宅
  • 芽室町・Kさん宅
    周囲の緑に溶け込むような、カラマツ板張りの外観。直線的なフォルムがモダンな印象
  • 芽室町・Kさん宅
    住まいの南側にある薪置き場からリビングのストーブ土間まで、玄関とは別に薪運び用の出入り口が設けられている
  • 芽室町・Kさん宅
    住まいの南側にある薪置き場からリビングのストーブ土間まで、玄関とは別に薪運び用の出入り口が設けられている
  • 芽室町・Kさん宅
    リビングの薪ストーブの防火壁も兼ねる玄関のコンクリート壁。冬はストーブの熱が蓄熱され、玄関まわりがほんのり暖かくなる
  • 芽室町・Kさん宅
    家中が見渡せるオープンなキッチン。手元がリビング側から見えないよう、造作の収納付き腰壁を設置。
    右手のグレーの扉の奥は、子ども部屋
  • 芽室町・Kさん宅
    ゴミ箱がすっきり収まる造作収納カウンターや食品庫を備えたキッチン。
    カウンターや吊り棚の高さは、奥さんの身長に合わせて調整されている
  • 芽室町・Kさん宅
    リビング南側には、四季の移ろいが楽しめる大開口を設けた。
    冬の陽射しも最大限に採り込めるよう、日射透過率の高いガラスを採用している
  • 芽室町・Kさん宅
    リビングには、Kさん念願の薪ストーブを設置。「キャンプの焚き火をわが家で楽しむのが、昔からの夢でした」
  • 芽室町・Kさん宅
    主寝室はユーティリティ、大容量のウォークインクローゼットと1本の動線で結ばれている
  • 芽室町・Kさん宅
    洗濯と物干し、収納までをまとめてできるので、家事効率がぐんとアップした

小さく豊かに暮らす
地産地消の平屋住宅

「自然を身近で楽しみながら、のびのびと子育てがしたい」と考えていたKさんご夫妻は、結婚と同時にマイホームの取得を検討。そして3年後、ご夫妻の通勤圏で見つけたのは、職場まで車で約10分、緑に囲まれた90坪超の宅地でした。ここに自然素材を用いながら、子どもが巣立った後も2人で心地よく暮らせる小さな平屋を建てたいと考えました。

ご夫妻は土地探しと並行して、たくさんの会社の家を見るうちに、デザインと同じくらい住宅性能も大切だと学んだといいます。「住まいの壁の厚みに、素人ながら性能の確かさを実感できた水野建設に決めました。新築までにかかった3年は、無駄ではなかったと思います」とKさん。また、奥さんは初めての出産も重なりましたが、諸手続きまで水野建設が親身のサポートをしてくれたのも、心強かったといいます。

2018年暮れに新居が完成。同社の企画住宅「ミニマムスタイル―平屋プラン」をベースに十勝のカラマツで建てられた約24坪のコンパクトな住まい。壁や天井には付加断熱を施し、高性能トリプルガラスを採用した新居は、冬もエアコン1台で暖かです。天気のいい日は南の大きな窓から陽射しがたっぷりと入り、暑いくらいだそう。「コンパクトな空間なので、オール電化のランニングコストもとても経済的です」と、奥さんは笑顔で語ってくれました。

この秋には、奥さんも職場へ復帰。小さなカラマツの家は、共働きの日々を頼もしく支えてくれるでしょう。

DATA
芽室町・Kさん宅  家族構成/夫婦30代・子ども1人

■建築データ

□構造規模 木造(軸組工法)・平屋建て
□延床面積 79.49㎡(約24坪)(ポーチ・物置含まず)
□主な外部仕上げ 屋根/ガルバリウム鋼板、外壁/アカマツ無垢板横張ウッドロングエコ塗、建具/玄関ドア:ガデリウス木製断熱ドア、窓:YKK AP樹脂サッシAPW430(Low-E・トリプルガラス)
□主な内部仕上げ 床/カラマツフローリング、壁・天井/クロス
□断熱仕様 〈充填断熱+付加断熱〉基礎/ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板特号100㎜(外側)+100㎜(内側)、土間下/ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板特号30㎜、壁/吹込ロックウール65kg105㎜+高性能グラスウール16kg100㎜、屋根/ネオマフォーム100㎜+高性能グラスウール16kg250㎜
□暖房方式 エアコン・薪ストーブ

■工事期間 平成30年6月〜12月(約6ヵ月)

ミニマルスタイルの住宅実例集を取り寄せる