完成実例Works

  1. ホーム
  2. 完成実例
  3. 音更町・Hさん宅
  • 音更町・Hさん宅

    太陽光パネルを載せた片流れの大屋根が印象的な外観。庇を深くし、夏の陽射しを遮る工夫がされている

  • 音更町・Hさん宅

    LDKを見下ろすようにしつらえたロフトは、季節用品の収納や予備室になる

  • 音更町・Hさん宅

    片流れの天井で広々としたLDK。Hさんの希望で仏壇を収めた間仕切り収納をリビングと寝室の間に設置

  • 音更町・Hさん宅

    構造現しで、カラマツの木質感が生きるダイナミックな空間を実現したリビング・ダイニングは、Hさんのお気に入り

  • 音更町・Hさん宅

    間仕切り収納の陰には、造作の本棚、机を備えた書斎がレイアウトされている

  • 音更町・Hさん宅

    実験室のシンクをイメージして造作でしつらえた洗面台も、Hさんの要望を反映させたもの

「売電」を視野に入れて事業用太陽光発電を採用

無駄なく、居心地良い暮らしを
実現した平屋の小さな住まい

2012年3月、水野建設に依頼し、マイホームを新築したHさん。長年の借家暮らしを経て、140坪の実家の敷地に建てた住まいは、約29坪の木造平屋づくり。長方形の空間にLDKと寝室、水まわりなどを回遊動線で結んだシンプルなしつらい。建物北側には予備室と収納を兼ねたロフトが設けられました。「将来を見越して、ワンフロアで日常生活が完結するシンプル、かつ無駄のないミニマムな住まいを希望しました」。

効率の良い暮らしを実現するため、Hさんは屋根の傾斜を利用して事業用太陽光パネルを設置。「売電」で得た利益を、暖房・給湯に用いる灯油のコストに充てようと考えました。「水野さんは早くから太陽光パネルを採用した高断熱・高気密の家づくりに取り組んでいたので、安心してお任せできました。入居後、灯油代以上の収益を得た月もあり、嬉しい誤算でした」。Hさんは電気使用量を計測しパソコンに記録できるシステムを導入、データをチェックするのが日課に。ゲームのように節電を楽しみながら、日々暮らしているそうです。

また、限られた空間をできるだけ心地よいものにしたいと、内装には地場のカラマツをふんだんに使いました。「木の香り、質感に触れているだけでほっと安らぎ、とても居心地がいいですね。自分が育った土地で、これからの人生を自分らしく快適に過ごせる。50代半ばにして初めての新築でしたが、大きな贅沢を実現できました」。

DATA
音更町・Hさん宅  家族構成/夫婦40代・50代

■建築データ

□構造規模 木造(在来工法)・2階建て
□延床面積 94.79㎡(約29坪)
□主な外部仕上げ 屋根/長尺カラー鉄板 平成ルーフ葺、外壁/カラマツ無垢板縦張+塗装オスモ、建具/玄関ドア:木製断熱ドア、窓:断熱樹脂サッシ
□主な内部仕上げ 床/カラマツフローリング、壁/ビニールクロス、天井/カラマツ合板
□断熱仕様 基礎/ビーズ法PSF(特号)100㎜+30㎜・セルボード30㎜(土間下)、壁/吹込ロックウール65kg105㎜+ビーズ法PSF(特号)75㎜、天井/吹込グラスウール22kg450㎜
□暖房方式 灯油FFストーブ+エアコン暖房
□換気方式 第1種換気

■工事期間 平成24年11月〜平成25年3月(約5ヵ月)

ミニマルスタイルの住宅実例集を取り寄せる